エントリーフォーム最適化とは

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ウェブサイトの問い合わせ、商品購入、サービスの申し込みを行なう際、氏名やふりがな、メールアドレスや電話番号、郵便番号や住所などの個人情報を入力する項目のまとまりがあることはご存知でしょう。このことをエントリーフォームといいます。このエントリーフォームを少ない時間や手間で、正確に埋めて情報の送信を完了させることができるよう、利用者に合わせて最適化する方法のことをエントリーフォーム最適化といいます。エントリーフォーム最適化はEntry Form Optimizationを略してEFOとも呼ばれています。

商品の購入などで、エントリーフォーム画面にまで移動したところまでは良かったものの、最後まで情報の入力を行なうことなくページを離れてしまう人が実は少なくありません。なにを入力すればいいのかがわかりやすくなっていて、入力内容が少ないエントリーフォームではあまり発生しない問題ですが、ややこしく入力しなければいけない項目数が多過ぎるようなエントリーフォームでは、ある程度のところまで入力した時点で面倒くさくなってしまい、エントリーフォーム画面から離脱してしまう人が多数いるのです。なお、エントリーフォームの離脱率は、7割以上にものぼるといわれています。

当サイトでは、エントリーフォーム最適化を行なう目的や、最適化のためにどういう機能があるのかを解説させていただきます。フォームの設置を検討していたり、フォームがすでにあるけれど成果がいまいちだったりする場合には、ぜひご一読ください。